ネットからでもできる!修理依頼方法

事前にやっておくこと

最近ではiPhoneの修理をする際に、わざわざ店舗に行かなくてもネットで依頼が可能です。ただ余計なトラブルを避けるために、事前にいくつかやっておきたいことがあります。例えばバックアップを取ることが大切で、基本的には修理をしたせいでデータが消えたとしても復元してくれないのが一般的です。バックアップ自体はそれほど難しいことではないため、必ずやっておきたいです。それから実は故障ではないといったケースが少なくないので、確認をしておくと良いでしょう。具体的にはソフトウェアの更新で、古いまま放置していたために動かなくなることがあるのです。こちらは「設定」から行えるので、余分なお金を支払うのを避けるためにも試してみる価値はあります。

知っておくと良いこと

iPhoneの修理を依頼するのは、契約している通信会社やメーカーのホームページにアクセスすることになります。すると保証に加入しているのか、修理が必要な機種名、利用している期間などを入力しなければいけません。これらが正確でないと、損をしたり再び依頼し直したりする場合があります。それではお金や時間が無駄になるため、スムーズに依頼するために契約書を手元に置いておくと良いでしょう。それからネットで修理依頼をすると、引き取りとお届け場所が選べる、あるいは配送料が無料など何かとメリットが多いです。また契約している通信会社によっては、修理依頼のシミュレーションが行えるところがあるのです。これは修理した方が良いのか、交換や機種変更すると得になるなどがわかるので試しておきたいです。

製品限定保証あるいはメーカー独自の保証に加入しており、保証対象内なら、iphone6sのバッテリー交換は無料です。対象外だと、税別5,400円がかかります。